30代メンズにおすすめのビジネス髪型は?

Posted on

30代のビジネスマンにとって、髪型は重要なポイントの一つです。オフィスに出勤するたびに、清潔感や信頼性を持ち合わせたヘアスタイルでなければなりません。しかし、同時に自分らしさも大切。そんなビジネスマン向けのメンズ 髪型について、今回はご紹介します。

ビジネスマンだからこそ気をつけたい髪型のポイント


メンズ 髪型 ビジネス 30代

ビジネスマンは、職場でのパフォーマンスに大きく関わる人物です。そのため、美しい容姿はビジネスマンにとって重要な要素の1つとなっています。挨拶や身だしなみなど、ビジネスマンが守るべき基本的なルールがありますが、ヘアスタイルもそれに含まれます。

しかし、すべての髪型がビジネス向けとは限りません。髪型によっては、自信を持って振る舞えなくなる場合があり、職場でのパフォーマンスが大きく低下することになります。そこで、30代のビジネスマンがビジネス向けの髪型について知っておくべきポイントを紹介します。

清潔感を与える事が重要

ビジネスマンにとって、髪型は清潔感を与える重要な要素です。髪型が乱れていると、職場で信頼を得られず、仕事がうまくいかない場合があります。30代のビジネスマンには、清潔感のある髪型が最適です。シンプルなスタイルであれば、ヘアアレンジに迷うことがありません。短く刈り上げたスタイルや、整えられたトップを持つスタイルは、ビジネスマンにぴったりです。

ただし、あまりにも短い髪型や、特殊なカットスタイルは避けるべきです。職場で目立ち過ぎたり、過度に個性的なイメージを持たれたりすることがあるためです。

ファッション性と職業性を考慮する

いかにビジネス向けの髪型と言っても、職業によって最適な髪型は異なります。たとえば、ビジネスマンが法律事務所に勤務している場合、フォーマルで保守的なスタイルが求められます。一方、広告代理店で働いている場合は、流行のファッションスタイルに合わせた髪型を許容する職場もあります。

ファッション性と職業性をバランスよく考慮することが重要です。自分自身が合わせたいスタイルでも、職場に合わせなければ、誰からも好かれる髪型にはなりません。

派手なスタイルは避ける

一時期、ショートヘアに流行が見られましたが、過度にショートにしすぎると、清潔感に欠け、育ち過ぎたイメージを与えることがあります。また、カラフルで派手な色合いのヘアスタイルも職業柄、避けるべきです。ビジネスマンとして、立ち居振る舞いに自信を持ち、求められる役割を果たすために、上品で清潔感のある髪型を選ぶようにしましょう。

パーマやヘアアレンジは節度を持って

パーマやヘアアレンジは、ビジネスマンにとっても人気のヘアスタイルです。しかし、自分に合った形で節度を持った髪型を選ぶことが大切です。パーマに関しては、軽いウェーブや自然なカールがビジネスマンにふさわしいとされています。それに対して、強いウェーブや大きなカールは、清潔感に欠け、不快感を与えることがあります。

同様に、ヘアアレンジでも過度なものは避けた方がよいでしょう。一つや二つ程度のヘアアレンジであれば、上品さをアピールすることができます。しかし、あまりにも奇抜なものは、清潔感、品格に欠けるかもしれません。ビジネスマンは常に、穏やかでまともな印象を与えることを重要視するべきです。

メンズ 髪型 ビジネス

以上、30代のビジネスマンが髪型について知っておくべきポイントについて解説してきました。清潔感を重視することや、職業性に応じたヘアスタイルを選ぶことが、ビジネスマンとしての社会的ステータスを高めるために必要なポイントです。常に、清潔感、穏やかさ、上品さをアピールできるヘアスタイルを保ち、職場での成功を目指しましょう。

30代男性向けおすすめのビジネススタイル5選

ミディアムウェーブヘアー 30代ビジネスマン

仕事での印象は、身だしなみや髪型が重要です。ビジネスマンである30代男性にとっても、ビジネススタイルの選択はとても重要です。確かな印象を与えるビジネススタイルをご紹介します。

1. いつも清潔感のあるスリックバック

スリックバック 30代ビジネスマン

スリックバックは、ビジネスシーンにおいて最も定番的なヘアスタイルです。特にワックスを使って整えることで、いつも清潔感のある印象を与えることができます。

2. インテリジェントな雰囲気を醸し出すミディアムウェーブヘアー

ミディアムウェーブヘアー 30代ビジネスマン

ミディアムウェーブヘアーは、ボリューム感のある髪の毛をセットすることで、インテリジェントな雰囲気を醸し出すことができます。ビジネスシーンで活躍する30代男性にとって、落ち着いた印象を与えることができるため、おすすめです。

しかし、長すぎるとカジュアルな印象を与えることもあるので、長さを調整することが重要です。また、髪の毛のボリュームが多い場合は、ドライヤーやヘアアイロンを使って、落ち着いた印象のミディアムウェーブヘアーに整えることがポイントです。

3. シンプルかつスタイリッシュな一直線ヘアー

一直線ヘアー 30代ビジネスマン

一直線ヘアーは、シンプルでスタイリッシュな印象を与えることができます。ビジネスカジュアルな場でも、ビジネススーツスタイルでも、どちらの場面でも似合うため、一つ持っていると便利です。

また、髪の毛が長すぎない程度に整えていることが、清潔感と爽やかさを同時にアピールすることができ、ビジネスマンにふさわしい印象を与えます。

4. クラシカルで男らしいイマジネーションパーマ

イマジネーションパーマ 30代ビジネスマン

イマジネーションパーマには、クラシカルかつ男らしい印象を与える魅力があります。ビジネススタイルの選択肢に加えることで、自分自身のセンスをアピールすることもできます。また、くせ毛や髪質に悩んでいる人にもおすすめです。

5. カジュアル過ぎない、デザイン性のあるポマードスタイル

ポマードスタイル 30代ビジネスマン

ポマードスタイルは、ビジネスシーンでカジュアル過ぎず、デザイン性があることで注目されるヘアスタイルです。ポマードを使って、ツヤと立体感を出すことがポイントです。ビジネスシーンでも、若々しさをアピールできる、おすすめのスタイルです。

以上が30代男性向けおすすめのビジネススタイル5選です。ビジネスマンである30代男性は、自身のライフスタイルに合ったビジネススタイルを選ぶことが大切です。自分自身のセンスや髪質、ライフスタイルに合わせて、最適なヘアスタイルを見つけてください。

ビジネスカジュアルにも使える簡単ヘアアレンジ術


ビジネスカジュアルにも使える簡単ヘアアレンジ術

ビジネスカジュアルは、オフィスのドレスコードとしても今や一般的となり、30代のメンズにも多く見られます。しかし、良いビジネスカジュアルスタイルを作るためには、髪型も重要な要素です。今回は、ビジネスカジュアルでも使いやすく、簡単にできるヘアアレンジ術を紹介します。

1. ショートヘアに合わせたスタイリング


ショートヘア

ショートヘアは、ビジネスカジュアルスタイルにぴったりの髪型です。髪をセットすることで、清潔感と知性を演出することができます。スタイリング剤を使って、前髪を少し立ち上げると、視線を上へ引き上げることができ、目力もアップします。

2. ミディアムヘアのスタイリング法


ミディアムヘア

ミディアムヘアの場合、まとめ方によっては、カジュアルすぎる印象を与えることがあります。しかし、軽いスタイリング剤を取り入れることで、落ち着いた印象を与えることができます。トップにボリュームを出すスタイリングや、後ろ側をインサイドアウトにまとめる方法がオススメです。

3. ロングヘアのアップスタイル


ロングヘアのアップスタイル

ロングヘアを持つ方でも、アップスタイルにすることでビジネスカジュアルに合わせることができます。アップスタイルの場合、清潔感と品格が出るため、客先訪問などで効果的です。スタイリング方法としては、髪を軽くまとめて、くるりんぱする方法や、低めの位置でまとめる方法がオススメです。また、ロングヘアにはヘアバンドを使って、スッキリまとめる方法もあります。

以上、30代のビジネスカジュアルスタイルでも使えるヘアアレンジ術をいくつかご紹介しました。日々のオフィススタイルを楽しんで、より良いビジネスマンとしての自己アピールをしてください。

ビジネスシーンでのトラブル回避術:髪型編


メンズ 髪型 ビジネス 30代

髪型は、ビジネスマンにとって欠かせないアイテムです。髪型が乱れていると、相手からの信頼度が下がり、ビジネス上の機会を逃す可能性があります。ここでは、ビジネスシーンでの髪型について、30代の男性に向けてご紹介します。

1.清潔感を意識して


清潔感を意識して

第一印象が大事なビジネスシーンでは、清潔感を意識した髪型が必要です。特に、頭皮が脂っぽい場合は、朝のシャワーで洗髪し、スタイリングを行ってから出社するようにしましょう。清潔感がある髪型は、相手の信頼度を上げることができます。

2.シンプルなスタイルが鉄則


シンプルなスタイルが鉄則

髪型は個性を出すことができますが、ビジネスシーンではシンプルなスタイルが鉄則です。髪を短くカットして、清潔感のあるスタイリングをすることで、まとまりのある印象を与えることができます。また、スタイリングの際には、ゴムやヘアピンを使って髪の毛を束ね、乱れやすい髪型を防ぎましょう。

3.トレンドに敏感に


トレンドに敏感に

最新のトレンドを取り入れた髪型は、個性を出すことができます。ただし、ビジネスシーンではトレンドに敏感であることが重要です。古臭い髪型では、相手からの信頼度が下がる可能性があります。最新のトレンドを知り、ビジネスシーンに合わせたスタイルを選びましょう。

4.髪型のメンテナンスが大切


髪型のメンテナンスが大切

髪型は、定期的なメンテナンスが必要です。髪が伸びすぎたり、枝毛や乾燥が発生すると、印象が悪くなります。定期的な美容院の利用や、シャンプーやコンディショナー、ヘアオイルなどによるケアが必要です。また、エアコンやドライヤーなどの乾燥によるダメージを防ぐために、帽子をかぶるなどの対策も必要です。

以上のポイントを抑えて、30代のビジネスマンは素晴らしい髪型を手に入れることができるでしょう。大事なビジネスシーンでは、自分自身のイメージアップができる髪型のスタイルを確立することが重要です。

髪質に合わせたスタイリング剤の選び方


髪質に合わせたスタイリング剤の選び方

ビジネスシーンで髪型を変える際には、スタイリング剤の選び方も重要です。自分の髪質に合ったスタイリング剤を使えば、より長持ちし、清潔できれいな印象を与えることができます。

髪が細く柔らかい場合は、固めのワックスよりも軽めのジェルやスプレーがおすすめです。それに対して、髪が硬く太い場合は、しっかりと固めることができるワックスやペーストを使うと良いでしょう。

また、髪質や髪型に合わせてスタイリング剤の量も調整する必要があります。髪量が多く、毛先がカールしている場合は、スタイリング剤を多めにつけて、ピンセットなどで毛先を整えると良いでしょう。

一方、髪がペタンコで立ち上がりにくい場合は、スタイリング剤は少なめに、ドライヤーで根元を立ち上げるように乾かすと良いです。

髪型を変える際には、スタイリング剤を上手に使い、自分に合った髪型をキープすることが大切です。

以上が、メンズ 髪型 ビジネス 30代についての解説でした。いかがでしたでしょうか。この記事が、皆様のビジネスマンとしてのヘアスタイル選びの参考になれば幸いです。ぜひ、また次回の訪問をお待ちしております。ありがとうございました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *